リゾートバイト

夏のリゾートバイトはおすすめできない!?メリットや夏限定職種も解説!

Pocket
LINEで送る

「夏のリゾートバイトって実際どうなの?」

「虫が多いし、劣悪な環境の寮もあっておすすめできないって聞いたけど…!」

夏になると一気に求人が増えるリゾートバイトですが、全ての人におすすめできる訳ではありません。

リゾート地は地方の田舎にあるため、虫との共同生活を強いられることもあれば、うるさいだけのパリピと職場がかぶることもあります。

また、沖縄などの南国地は日差しが凄まじいため、日焼け対策をしないと大変な目に会います。

ただ、その反面、求人が一気に増えるため夏限定のレアな職種も増えますし、それなりにメリットもあります。

この記事では、夏のリゾートバイトに応募しようか悩んでいる人のために、

を紹介していきます。

リゾートバイトでガッツリ稼いで遊ぶ第一ステップとして、この記事を参考にしてみてください。

目次

夏のリゾートバイトはおすすめできない!?6つの欠点

虫が出てくる

夏のリゾートバイトがきつい最大の欠点は虫問題でしょう。

リゾートバイトは地方で働くことが多いので、夏はとにかく虫が発生します。

蚊はもちろん、沖縄などの南国リゾート地だと見たこともないようなゴキブリや蛾も発生します。

自然の中で暮らすということは、虫との共同生活を強いられるというこなので、ある程度の覚悟や耐性は必要になってきます。

虫が苦手な方は、持ち物に虫除けスプレーやゴキジェットなどのアイテムを持っていくこともおすすめします。

寮の環境が劣悪だと詰む

夏のリゾートバイトは寮の環境が劣悪だと詰みます。

基本的には冷房が付いていますが、中には扇風機だけの寮もあります。

また、網戸が壊れていたり、近くに食料を保管する倉庫があると虫が湧いてきて大変です。

このように、リゾート地によっては未だにボロくて環境が劣悪な寮があるので、応募の際にきちんと寮の環境をチェックするのは怠らないでください。

周りに何もないと詰む

リゾート地といっても、中には周りスーパーもコンビニもない、バスは1時間に一本といった僻地と呼ばれる場所もあります。

僻地で働きと観光どころか普段の買い出しなどにも支障が出るので要注意。

基本的に沖縄本島や関東近郊の温泉街はインフラも飲食店も整っていますが、ザ・ド田舎に行くと何もすることがなく、結局、休みの日は夏でも部屋にこもるしかないといった残念なことになることもあると覚えておいてください。

ブラックな職場に派遣されることも

リゾートバイトは短期間で一気に働くため、休みが少ない職場もあります。

また、他にも、

  • 長時間労働の可能性があり
  • サービス残業を頼まれる可能性もあり
  • パワハラ・セクハラがある職場も

といったデメリットもあります。

ただ、リゾバ専門の派遣会社に登録して働けば、担当者が間に入ってくれるため個人ではなく、企業間の取引となり労働者は長時間労働から守られるし、休みも多く残業代もきちんと出ます。

しかも、派遣会社経由すれば交通費も出るし、労災・社会保険もあるし、勤務中も何か困ったことがあれば電話でサポートしてくれます。(代わりに勤務先にクレームを入れてくれたりなど)

そのため、リゾートバイトに応募する際は「直接雇用」ではなく「派遣会社を通して」働きましょう。

▼「直接雇用」のデメリットについては以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

リゾバの直接雇用はおすすめできない!派遣会社との比較を徹底解説!

うるさいパリピが増える

残念なことに、夏のリゾートバイトは学生を中心とした若い人が多くて募集してくるので、それだけパリピは増えます。

とくに人気のマリンスタッフや海の家のスタッフ、ホテルのフロント・ベルは人気があるので、良くも悪くも活気があります。

騒ぐのが嫌いでパリピを疎ましく感じる方は、裏方業務に応募しましょう。

騒ぎたいパリピは少なく、むしろパリピは裏方業務を嫌がるので条件の良い求人にも出会える確率が高くなります。

▼リゾートバイトの裏方業務については以下の記事を参考にしてみてください。

【パリピは嫌だ!】コミュ障におすすめの4つのリゾートバイトを解説!

日焼けのダメージが凄まじい

夏は日差しが強いため、それだけ日焼けのダメージが凄まじいです。

とくに沖縄はどんなに肌が強くどんなに日焼け止めを塗っても、真っ黒になっしまう人がほとんどです。

そのため、日焼けに弱い人は真っ赤に晴れ上がり、火傷みたいになるのでシャワーを浴びるのも一苦労。

沖縄などの南国リゾート地で働く場合は、日焼け対策をきちんと行い、休日の遊びもほどほどにしておきましょう。

【おすすめ!】夏のリゾートバイトのメリット

ここまで夏のリゾートバイトの大変さを紹介してきましたが、もちろんメリットもたくさんあります。

  • 異性との出会いが多い
  • 平均時給が上がる
  • 夏限定のレアな求人や職種が増える
  • ダイビングを始め様々かレジャーが楽しめる
  • 沖縄をはじめとした開放感あるリゾート地で働ける

夏のリゾートバイトは一年のうちで最も忙しい繁忙期となるため、求人は急増し、時給もグッと上がります。

また、夏はレジャーやお祭りなどイベントが多いので、開放感のある非日常空間を満喫できるといったメリットもあります。

他にも、多くの若い男女が集まり共同生活を送るので、開放感もあってか恋が盛んになる時期でもあります。

夏におすすめのリゾート地

ここからは夏のリゾートバイトにおすすめのリゾート地を紹介していきます。

沖縄

夏のリゾートバイトで一番人気があるのは、なんと言っても沖縄でしょう。

沖縄の本島を始め、石垣島や宮古島など、オーシャンビューが美しい海や大自然の中で働くことができます。

また、休日はシュノーケルや水上ボード、ウェイクボードを楽しむことが可能。

他にも、沖縄はアメリカンヴィレッジや瀬長ウミカジテラスをはじめ、多くの観光地や名産品があるため、存分にバカンスも楽しめます。

ちなみに、沖縄本島の那覇市周辺はモノレールやバスがあるため、リゾートバイト特有の交通が不便問題も解決されます。

 

▼沖縄のリゾートバイトの評判やメリット・デメリット、一日の流れを知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

【沖縄のリゾバ!】バイト体験者にインタビュー!メリット・デメリット!

山・キャンプ場

山のアルバイトは「北海道」や「長野」などの緑豊かな自然の中で、マイナスイオンを肌に感じながら働くことができます。

主に山の中にあるホテルやペンションで働いていきますが、ゴルフ場や公園など少し変わった施設もリゾートバイトを募集しています。

接客業がメインになるので、人と触れ合ったり、人のお世話が好きな人に強くおすすめします。

また、大自然の中で働きたい人におすすめなのが、キャンプ場のリゾートバイト。

キャンプ場のスタッフとして、会場の設営や補助をして行く仕事でキャンプ好きにはたまらない仕事です。

また、若くてアクティブなアウトドア好きの男女が集まるため、異性との出会いが多いアルバイトでもあります。

北海道

意外かもしれませんが、北海道は夏のリゾートバイトにおすすめのリゾート地です。

本土と違って平気気温がグッと下がるので、避暑地として人気があり、外の仕事でも働きやすいといったメリットがあります。

また、夏でも観光地や宿泊施設は営業しているので、ホテルスタッフやレンストランスタッフ、ショップ店員の求人は豊富です。

他にも、この時期は農場や牧場が繁忙期を迎えるため、他の季節にはないレアな求人も増えます。

暑さが苦手な方は、北海道の大自然の中で働くのもありです!

軽井沢

昔から日本の避暑地として有名なのが長野県にある軽井沢です。

白糸の滝や雲地池を始め、水辺の観光名所がたくさんあり、夏でもひんやりしていて涼しくて過ごしやすいことで有名。

旅館やホテル、ショッピングプラザなど従業員を多く募集している施設がたくさんあるので、それだけ求人の数も多いです。

また、北海道は遠いから関東近郊の避暑地で働きたい人にもおすすめです。

海もいいけど、休日は緑あふれる避暑地で過ごしたい方は、軽井沢のリゾートバイトに応募してみてください。

ホテルやゲストハウスなどの宿泊施設

ホテル・ゲストハウスのアルバイトは、自然あふれるのどかな観光地のホテルや、湖の近くにあるペンションで働くことができます。

仕事内容自体も特別なスキルや経験を求められないため、リゾートバイト未経験者に人気のあるアルバイトになります。

また、ホテルやゲストハウスは全国にありしかも1年中営業しているので、1年中求人が豊富な便利なリゾートバイトになります。

 

▼ホテルのリゾートバイトの評判やメリット・デメリット、一日の流れを知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

温泉旅館

旅館バイトは、全国各地のまったりとした温泉街にある、歴史ある旅館で仲居さんとして働くことができます。

「鬼怒川温泉」や「有馬温泉」が有名で、このような旅館では日本の美学とされる「おもてなし」を意識した、由緒正しき接客術を学ぶことができ、就活にも活かせることができます。

夏の京都の温泉街は意外にも観光客が多く、イベントも多いので学生さんに人気があります。

また、仲居さん以外にもフロントやお土産屋のスタッフと言った仕事もあるので要チェック。

温泉旅館のリゾートバイトの評判やメリット・デメリット、一日の流れを知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

夏におすすめのリゾートバイトの職種

マリンスタッフ・海の家のスタッフのリゾートバイト

沖縄のリゾートバイトで最も人気のある仕事がマリンスタッフです。

美しい海でダイビングやシュノーケリングのインストラクターとして、観光客にレクチャーしていきます。

1日中住んだ海の中で綺麗な魚たちと泳げると言ったメリットもあり、他の職種で働きに来たのに、ダイビングにハマってそのまま沖縄に残ってインストラクターとして働く人もいるほど人気があります。

また、海の監視員として働くライフセーバーも人気があり、救助以外は大きな仕事がない簡単な仕事なため、人気があります。

インストラクターは働くには資格や講習が必要なのですが、ビーチカウンターのスタッフや海の家のスタッフだと、特別な資格がなくても働くことができます。

▼特別な資格がいらない、海の家のスタッフについて知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

【海の家のバイトは修学旅行気分!?】体験者が語る仕事内容やメリット・デメリット!

プールスタッフ

プールスタッフとは、主に地方にあるプールをメインにしたテーマパーク施設で働く職種です。

普通のプールスタッフと一緒で、基本的には海パン姿で働きていきます。

そのため、寒い日は辛かったり、逆に日光が強い日は日射病に気をつけなくてはいけませんが、仕事内容はとても楽です。

大半の時間は台に座っているだけで、あとは簡単な清掃をするだけなので、接客や覚えることはほとんどありません。

そのため、バイト未経験者におすすめのリゾートバイトとなっています。

▼もっと詳しくプールスタッフのメリット・デメリット体験談を知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

【プール監視員のバイトは大変!?】体験者が語る仕事内容やメリット、デメリット!

牧場・農場スタッフ

大自然の中で働きたい人におすすめなのが、夏に繁忙期を迎える牧場・農場スタッフです。

牧場スタッフは農家に住み込みで働いていき、野菜の収穫作業や出荷の準備・手伝い、畑の整備などをしていきます。

農家なので朝はとても早く、朝の4~5時には起きて作業をしていきますが、その分仕事が終わるのが早いので昼過ぎから自由に観光することができます。

また、まかないとして甘くて美味しい旬な野菜を頂けるのもメリットの1つです。

牧場スタッフは牛や馬、豚などの家畜動物たちを世話していくスタッフのことです。

動物好きにはたまらない仕事ですが、その反面、小屋やフンの清掃などきつい面もある仕事ではあります。

また、動物の世話以外にも牧場で開催されるイベントや体験コーナーのガイド・補助係を手伝うこともあります。

牧場スタッフも朝は早いですが、仕事は早い時間で終わり、しかもブランド牛・豚をまかないで頂けるといったメリットもあります。

ペンションスタッフ

ペンションスタッフは、ペンション内の客室の清掃や布団の整理が主な仕事になります。

2人1組になってチェックアウトした客室を周り、ひたすら清掃と部屋の布団の整理を行なっていきます。

また、乾燥機を使って浴室を乾燥させたり、ペンション内の全体の清掃を任されることもあります。

また、小さなペンションだと客室が少ないので、ペンションで出す料理の盛り付けや皿洗いなどのキッチン業務をすることも。

ただ、ホテルや旅館と違って、ペンションは規模が小さい仕事内容が少なく、また1人で黙々とする作業が多いので、接客が苦手な人に人気があります。

冬に人気のリゾバでもあるので、興味のある方は是非是非、応募してみてください。

キャンプ場スタッフ

キャンプ場スタッフは大自然が広がるキャンプ場で、キャンプ地の設営やゴミ掃除をするのが主な仕事です。

基本的にゴールデンウィークから夏の終わりにかけてのピーク時しか募集されないので、とにかく忙しいというのが特徴。

ただ、マイナスイオンが嬉しい森林の中で働けるのはアウトドア好きからしたら嬉しい限りです。

しかも、キャンプ場スタッフは時給が高いことでも有名なので、アウトドアやキャンプが好きな人におすすめできる職種です。

求人は少なくレアなので、キャンプ場シーズン中に見つけたらすぐさま応募しましょう。

ゲストハウススタッフ

日本全国の観光地にあるバックパッカー向けのゲストハウスも夏のリゾートバイトにおすすめ。

主な仕事内容は受付や接客、客室の清掃になります。

ゲストハウスにはアメリカ人はもちろん、ヨーロッパやアフリカ圏内の人まで、英語を母国語とする外国人が多く集まってくるので、英語力を活かすにはうってつけで。

しかも、ゲストハウスはホテルや旅館と違って、フランクな英語力を求められるため、よりネイティブな英語をお金をもらいながら学ぶことができるのです。

また、ゲストハウスでは、お客さんと従業員が集まって小さなイベントや飲み会を開く機会もあります。

「英語力を高めたい!」という方は、ゲストハウスのリゾートバイトにチャレンジしてみてください!

▼リゾートバイトで英語を活かしたい!という方は以下の記事を参考にしてみてください。

リゾートバイトで英語力を活かしたい人にオススメの職種5選!オススメの地域も

ホテルのレストランスタッフ

学生さんは、ホテルなどに併設されているバイキング形式のレストランのホールスタッフもおすすめです。

バイキング形式だと、普通のレストランのようにオーダーを取ったり、料理を運ぶ必要がないからです。

そのため仕事量が少なく、

  1. 食事会場のセッティング
  2. 料理の補充
  3. 片付け

の3つだけになります。

また、レストランのホールスタッフは大学生が多く男女比も半々なので、出会いを求めている人にも最適。

実際に、レストランのホールスタッフは恋愛が盛んなことで有名ですからね…!

▼ホテルのレストランスタッフについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

【ホテルのリゾートバイト!】体験者が語る評判やメリット・デメリット!

温泉旅館の仲居

主な仕事内容は、旅館に訪れたお客さんへの部屋対応や料理の配膳、お部屋の準備&片付けとなります。

時給はとても高く、リゾバの平均時給は900円と言われている中で、仲居さんのアルバイトの平均時給は1.000円という高待遇です。

また、温泉街は大自然の中の落ち着いた雰囲気の場所にあるため、女性が多く働いており、静かな環境で働きたい人におすすめ。

他にも、外国のお客さんが多いので語学力を活かせたり、きちんとした敬語を学べるので就活に有利といった特徴もあります。

ナイトワーク(リゾキャバ)

リゾキャバはリゾートバイトキャバクラの略で、仕事内容は一般的なキャバクラと変わりません。

お客さんのお酒を作り、お客さんと楽しく会話していきます。

主な勤務地は沖縄本島や宮古島・石垣島と言った南国リゾート地になります。

時給は沖縄のリゾートバイトの中で1番高く、平均時給は1,500円~2,000円と言われています。

また、一般的なキャバクラのようにお客さんからドリンクが入ったり、アフターや同伴をすれば、それだけ+の出来高報酬が自分に入ってくるため、1ヶ月で25万以上稼ぐことも十分可能です。

しかも、日中は自由な時間が多くシフトも自由なお店が多いので、ダイビングやシュノーケリングなどの観光を楽しむことも可能です。

【体験者(大学生)インタビュー!】夏のリゾートバイトに関するよくあるQ&A

今回は去年の夏に沖縄のリゾートバイトに参加し1ヶ月働いた大学生のMくんに、夏のリゾートバイトについていろいろ質問してきました。

今年の夏にリゾートバイトに応募したいけど、不安という方は参考にしてみてください。

Mくん
Mくん
夏に1ヶ月間沖縄でリゾバした大学生のぼくがよくある疑問に答えていきます!

1ヶ月でどれくらい稼げた?

ーー正直、1ヶ月でどのくらい稼げましたか?

Mくん
Mくん

ぼくは沖縄のレストランのホール働いていたんですけど、1ヶ月で192,000円稼ぐことがでぎました。

時給1,000円で、週6日1日8時間勤務でこの給料でしたね!

少ないか多いかは人次第ですが、ぼくはこんなガッツリ稼いだことがなかったので、給料日に銀行講座を見たときはウハウハでした(笑)

ただ、沖縄や北海道のように夏の人気リゾート地は最低賃金が低いため、それだけ時給も低いです。

平均時給900円とかの世界なので、ぼくは少しでも時給を上げるために、時給が業界で1番高いリゾートバイト.com から応募しました。

沖縄でも時給1,000円以上の求人がたくさんあって、稼ぎたいならここ一択ですね。

▼リゾートバイト.comに関しては以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

【リゾートバイト.com(グッドマンサービス)の評判】良い&悪い評判から特徴まで!

衣食住・交通費が無料なのは本当?

ーー衣食住・交通費が無料なのは本当ですか?

Mくん
Mくん

はい。

ぼくの職場は寮費も光熱費も無料で、交通費は先ほど紹介したリゾートバイト.comが負担してくれたので、ほぼ無料で沖縄に滞在していました!

もちろん、従業員用の制服も無料レンタルでしたよ。

休日の食費と交際費、あとは現地での交通費は自腹ですが、1ヶ月で2万円も使わなかった気がします。

最初にどれくらいお金をもっていくべき?

ーーどのくらいお金を持っていきましたか?

Mくん
Mくん

お財布に一応2万円入れていきましたが、全部使うことはなかったと思います。

それに、沖縄は本島ならコンビニが至る所にあるので、あっちでお金を下ろすこともできますしね。

基本的にリゾートバイトは働いている時間の方が多いし、地方は物価も安いので、そこまでお金を持って行く必要はないですよ!

▼リゾートバイトの生活費に関しては、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください!

リゾートバイトの生活費ってどのくらい?1ヶ月にかかる費用や交通費を解説!

寮はどんな感じ?

ーー寮はどんな感じでしたか?

Mくん
Mくん

リゾバの寮は大きく分けて、

  • 個室寮
  • 相部屋寮

に分かれています。

基本的にはアパートやシェアハウスになるのですが、ぼくの暮らした個室寮はアパートで1人1部屋。

中にはベット、テレビ、冷蔵庫、クローゼットがあり、社員食堂もついてました。

ただ、トイレと洗面所、キッチンは共用でお風呂はホテルの大浴場でしたね。

ちなみに、相部屋寮になると全てが共同で、1部屋4人くらいで生活して行きます。

ちなみに、Wi-Fiは共同ルームにしかなくて困ったのを覚えています。

ご飯やまかないはどんな感じ?

ーーまかないはありましたか?

Mくん
Mくん

はい。基本的に寮あった従業員食堂でご飯を3食済ませていました。

ただ、休日は食堂が利用できなかったので、外で済ませていましたね。

沖縄は飲食店が多く、しかもどこも新鮮で美味しい名店ばかりなので、ちょうどいい息抜きになってました。

アグー豚の沖縄そばは絶対食べて欲しいですね…!

1週間のド短期もあるの?

ーー1週間の短期リゾートバイトもあるのでしょうか?

Mくん
Mくん

ありますよ!

1週間〜2週間の短期リゾートバイトは夏になると一気に増えるイメージですね!

ただ、大学生を中心に多くの人が応募するので倍率は高いです。

なので、短期で沖縄のリゾートバイトで働きたいなら1~2ヶ月前に派遣会社に応募して登録しておいて、良い案件が入ったらすぐに紹介してもらうのがベストです。

先に手を打っておくことで、スムーズに良い条件で働くことができるので、中々短期のリゾートバイトに受からない人は試してみてください。

休日はどれくらいあった?なにをしてたの?

ーー休日は何をしていましたか?

Mくん
Mくん

休日はもっぱら海に行って遊んでいました。

週に1回しか休みがなかったのですが、寝ているのはもったいないので、職場でできた友達にサーフィンを教わっていました。

休日は基本的に、サーフィンに行って、沖縄周辺をドライブして、夜は沖縄料理屋で地元のお酒と料理を楽しんでいましたね。

あとは、バイトのスタッフ達とのBBQもあって、休日はかなりエンジョイしてました(笑)

正直、地元だとあんな充実した休日はおくれないので、本当にいい体験だったなと思います。

戻れることなら大学1年生に戻って、4年間たっぷりリゾートバイトをしたいですね…(笑)

どんな感じの人が働いているの?年齢層は?

ーー職場の年齢層はどんな感じでしたか?

Mくん
Mくん

ぼくは海沿いのテラス型でお洒落なレストランで働いていたので、従業員もお客さんも若い人が多かったですね!

基本的に大学生が中心で、20代~30代の人が多かったと思います。

職場の雰囲気は普通の飲食店と同じで、スポーツマンが多いイメージでしたね!

趣味もフットサルとか旅行好きの人が多く、価値観が合う人ばかりだったので、覚えています。

中には地元が近くてたまに飲みに行く友達もできましたからね。

それなりに楽しかったですよ!

海外のリゾートバイトはないの?

ーーハワイやプーケットなど、海外リゾートバイトの募集はあるんですか?

Mくん
Mくん

今のところ、海外のリゾートバイトを取り扱っている派遣会社はありませんね。

というのも、海外で働くとなると「ビザ」の問題があるので、簡単に仕事を紹介することができないんですよね。

そのため、海外で働きたいならワーキングホリデーを活用するしかないと聞きました。

もしくは働きながら語学を学びたいなら、外国のお客さんが多く語学を活かせるリゾートバイトに参加することをおすすめします。

▼関連記事

リゾートバイトで英語力を活かしたい人にオススメの職種5選!オススメの地域も

高校生でもリゾートバイトで働けるの?

ーー高校生でもリゾートバイトで働くことはできますか?

Mくん
Mくん

現状、どこの派遣会社も大学生からの募集となっているので、高校生は働くことができません。

普通のアルバイトは高校生でもできますが、住み込みとなると派遣会社に「責任問題」が生じてくるので、雇うことができないと聞きました。

ただ、通える範囲内にリゾートバイトを募集している店舗があれば、「通勤」という形で雇ってもらえることもあります。

気になる方は、地元の海の家やスキー場に直接応募してみてください。

沖縄求人がいっぱい!夏のリゾバを探すなら「リゾートバイト.com」時給が業界No.1!

夏のリゾートバイトを探すなら、沖縄を始めリゾート地の求人が豊富なリゾートバイト.comです。

2019年、現在の時点で沖縄のリゾートバイト求人だけでも100件以上あり、夏におすすめの求人が豊富です。

リゾートバイト.comの特徴

  • 時給の高さが業界No.1
  • 消費・光熱費・食費がすべて無料の求人が多い
  • 2万円の交通費が支給される
  • 給料の前払い制度あり(上限5万円)
  • 運営会社:グッドマンサービス

「リゾートバイト.com」 は時給の高さが業界No.1

リゾートバイトの平均時給は1,000円と言われていますが、「リゾートバイト.com」 平均時給が1.000円で、他社にはほとんどない時給1,300円の高時給求人もあります。

また、消費・光熱費・食費がすべて無料の求人が多いので、短期間でたっぷり貯金することも可能。

もちろん、交通費の支給もありです!

カップルで一緒に暮らしながら、短期間でガッツリ稼ぎたいならリゾートバイト.comから応募してみてください。

ちなみに、登録したからといって必ず働かなくてはいけない訳ではないので、ご安心ください。

リゾートバイト.com
>>公式サイトはこちら

「さらに詳しく特徴や評判、欠点を知りたい人は以下の記事を参考にしてみてください」

 
Pocket
LINEで送る

【学生さんなら1回は読んでほしい記事】

【採用されるだけで祝い金!】金欠学生におすすめの求人サイト

【最大1万円のお祝い金!】アルバイトを探すならマッハバイト!

今すぐお金が欲しい方におすすめしたい求人サイトが「マッハバイト

  1. 採用されるとお祝い金が"必ず"もらえる(最大10,000円)
  2. お祝い金は最短翌日振込
  3. 上場企業「株式会社リブセンス」がサイトを運営してるから安心!
  4. 求人案件が25万件
  5. 約3分の簡単な無料登録で応募できる

マッハバイト 」は、アルバイトに応募して採用されるだけで最大10,000円のお祝い金が貰えます。

最低でも5,000円は貰えるので、アルバイトが確定するだけで日雇いバイトの給料を"必ず"もらうことができます。

しかも、他のアルバイトサイトのように祝い金の振り込みに数ヶ月後待たされることはなく、アルバイトの採用が確定してから最短で翌日に振り込まれます。

これだけ充実した「お祝い金制度」はマッハバイトだけ!

人気の求人はすぐに埋まってしまうので、応募はお早めに。

最大1万円のお祝い金!
>>公式サイトはこちら!

 

【必ずもらえる3万円の祝い金!】アルバイトを探すなら「アルバイトEX」


アルバイトを探すならアルバイトEX から応募してみてください。

  • 求人案件は業界No.1の100万件以上
  • 採用されると3万のお祝い金が"必ず"もらえる
  • 上場企業「株式会社じげん」が運営してるから安心!
  • 約3分の簡単な無料登録で応募できる

「アルバイトEX」はアルバイトに応募して採用されるだけで、必ず3万円のお祝い金を"必ず"貰うことができます。

また、「マイナビバイト」や「an」などの大手求人サイトと提携しているため求人数は業界No.1の100万件。

アルバイトEXだけで自分好みのアルバイトを探すことができます。

人気の求人はすぐに埋まってしまうため、応募はお早めに!

3万円のお祝い金!
>>公式サイトはこちら

ABOUT ME
アバター
takarada
フリーライターとして活動中。 自身が大学生時代に長期・短期合わせ20個以上のアルバイトを経験し、ブラックな職場や上司に当たって、その大変さを思い知らされる。 今の大学生に、少しでも自分の理想と近く楽しいアルバイトと出会ってもらうためにアルバイトに関する情報の発信を2016年に開始。 これまで100人以上の大学生にインタビューし、それを元にアルバイトの体験談記事を執筆中。 公式Twitterはこちら→https://twitter.com/arunews08