リゾートバイト

リゾートバイトの寮生活の不安を体験者が解説!よくある疑問に答えていきます!

Pocket
LINEで送る

「リゾートバイトの寮生活ってどんな感じなの?」

「寮のみんなと馴染めるか不安なんだけど…」

リゾートバイトは住み込みのアルバイトになるため、応募前は寮生活に適応できるか不安になりますよね。

実際、わたしも半年間ほどリゾートバイトを含めて寮での共同生活の経験があるので、気持ちは痛いほどわかります。

とくに、女性1人だとさらに不安は増しますよね….。

そこで、この記事ではわたしの体験談を元に、よくあるリゾートバイトの寮生活の疑問点に答えていきます。

寮生活が不安でリゾートバイトに応募できずにいる方は、この記事を参考にしてみてください。

リゾートバイトの寮にはどんなタイプがあるの?

寮は大きく分けて2つのタイプがあります。

  • マンション・アパートタイプ
  • ホテルや旅館の客室タイプ

マンション・アパートタイプは基本的にそれぞれに個室が与えられ、シャワーやトイレ、冷蔵庫やクーラー、テレビなど普通に生活するのに最低限のものが揃っています。

ただ、中には個室ではなく数人で暮らす、相部屋タイプの部屋も存在します。

ホテルや旅館の客室タイプはその施設の客室をそのまま使わせてもらうので、基本的に部屋は布団やベッド、テレビだけ。

お風呂やトイレは共同になります。

相部屋と個室寮のメリット・デメリットは後ほど解説します。

リゾートバイトの寮費や光熱費は無料なの?

基本的に寮費や光熱費は無料になるので、余分な出費を抑えることができます。

また、リゾートバイト専門の派遣会社を通して働けば往復の交通費も支給してもらえます。

ただ、まれに「寮費or光熱費」のどちらかが有料の寮もあるので、応募の際にきちんと確認しましょう。

出来るだけ出費を抑えたい方は、完全無料の寮を選びましょう。

リゾートバイトの個室寮のメリット・デメリットが知りたい!

ここでは、個室寮のメリット・デメリットを紹介していきます。

個室寮のメリット

  • プライペート空間の確保
  • 自由に使えるためゆっくり休める
  • 人間関係を遮断して部屋にこもることができる

個室のメリットは自分のプライペートな空間をきちんと確保できる点です。

人に気を使わずお風呂やトイレを使えるし、寝たい時に寝ることができます。

もちろん、気軽に彼氏や友達と夜に電話することも可能です。

また、個室だと嫌な人を避けるのにも有効です。

職場に気の合わない人がいた場合、寮まで同じ部屋だと地獄ですからね。

オンオフをきちんと切り分けて、完全なプライペートを保ちたいなら、個室寮がおすすめです。

個室寮のデメリット

  • 相部屋寮よりも設備面が劣る
  • 友達ができにくい
  • 何もかも自己責任

個室寮のデメリットは、相部屋寮よりも設備面が劣る点です。

とくに築年数が古い寮の個室は、クーラーやテレビ、冷蔵庫などの生活に必要な家電が揃っていないこともあります。

また、部屋に虫が出たり、扉や網戸が壊れたなどのトラブルに巻き込まれても、基本1人で対処するしかありません。(仲のいい友達ができたら話は別)

また、後ほど相部屋寮のメリットで詳しく説明しますが、友達がすぐにできるのは相部屋寮です。

やはり職場だけで会うのと、同じ屋根の下で暮らすのとでは、信頼度が違いますからね。

すぐに友達を作りたい方や、みんなでワイワイしたい方は相部屋寮をおすすめします。

リゾートバイトの相部屋寮のメリット・デメリットを知りたい!

次に、相部屋寮のメリット・デメリットを紹介していきます。

相部屋寮のメリット

  • 友達がすぐにできる
  • 休日はアクティブに過ごせる
  • 辛い時や大変な時にみんなで励ましあえる
  • 最終的にはいい思い出となる

相部屋のメリットはなんといっても、友達がすぐにできることでしょう。

リゾートバイトに来る女性は旅好きや留学経験者など、明るくて元気でサバサバしている人が多いです。

実際、私は初日に歓迎会を開いてもらったし、ルームメイトが誕生日の時はちょっとしたパーティーもしました。

また、仕事や上司の悩みを共有して、お酒を飲みながらストレス発散できるのもよかったですね。

そうやってルームメイトと仲良くなると、自然と休日は観光地でパァーっと遊ぶことも増えます。

最初は不安でしょうがななかったんですけど、終わってみれば「また行きたい!」と思うほど、いい思い出になってますね。

相部屋寮のデメリット

  • 他人と暮らすので気を使う
  • 寝る時間が違うと大変
  • 初めは貴重品管理が大変
  • 私物のスペースに困ることがある

やはり1番のデメリットは赤の他人と暮らすので、気を使うことですね。

「はじめまして」をした数時間後には一緒に寝るわけですから、正直いびきがうるさかったり、寝るタイミングが違くても文句は言えません。

また、日本といっても全く知らない人と暮らすため、貴重品の管理は必須ですし、部屋の物がなくなったら真っ先に疑うor疑われるので信頼を築いていくのも大変です。(わたしはそういった場面には遭遇しませんでしたが。)

そして、相部屋だと1人分のスペースが限られているため、荷物をたくさん持ち込むこともできません。

神経質な女性は特にこれらのデメリットはきついかと思います。

リゾートバイトの寮の環境は事前に確認することができるの?

リゾートバイトの寮は事前に2つの方法で確認することができます。

  • リゾートバイトの求人サイトで確認
  • 派遣会社の担当者に確認

リゾートバイトの求人サイトでは、それぞれの求人に寮の一例や詳細が記載されています。

ただ、画像や文章ではわからないこともあると思うので、その際は応募した派遣会社の担当者に相談しましょう。

リゾートバイトは派遣会社を通して応募すると、1人1人に担当者がついて応募から期間満了までサポートしてくれます。

また、寮内の環境や周辺地域の環境は、こちらから聞けばきちんと正直に答えてくれます。

そのため、応募の際は以下のことは必ず聞くようにしてください。

寮に関する質問
→築何年程度?個室か相部屋どっち?部屋には何が置いてある?WiFiは?

周辺の環境に関する質問
→バスや電車はある?近くにコンビニやスーパーはある?レンタカーはある?

また、私たちマホネイティブ世代に欠かせないのが、Wi-Fiです。

リゾートバイトの寮のWi-Fiについては以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

→リゾートバイトのWi-Fi環境の実態!ネット環境が無い場合の対処法も!

リゾートバイトの寮は男女別なの?

基本的には寮も部屋も男女別々です。

それぞれの寮に管理人がおり、お互いの寮の行き来を禁止している寮がほとんどです。

また、最近だと、セコムや監視カメラなどのセキュリティ面がしっかりしている寮も多いですね。

ただ、まれに部屋は別々でも寮が一緒のパターンもあります。

こちらに関しては、不安なことも多いと思うので、応募前にきちんと派遣会社の担当者に確認してください。

リゾートバイトの寮での過ごし方はどんな感じ?

寮での過ごし方は人それぞれです。

ベットでダラダラする人もいれば、1つの部屋に集まってみんなで飲むこともあります。

また、社員食堂などの共同スペースがある場合は、みんなでご飯を食べたり、ちょっとしたイベントが開かれることもあります。

ちなみに、イベントや飲み会は強制されるものではありません。

みんな大人なので、「明日早いのかな?」「疲れたのかな?」と察してくれます。

断っても文句を言ったりしてくる人はまずいないので安心してください。

ぼっちで不安!寮や職場のみんなと仲良くなれるか心配!

わたしもどちらかというと人見知りなので、最初は職場の人と馴染めるか不安でしたが、結果的にすぐに馴染むことができました。

というのも、リゾートバイトに働きにくる8割の人が1人で働きにきます。

そのため、みんな不安や葛藤を胸に働きにきているので、それだけ新人には優しいのです。

また、人見知りで初対面の人への挨拶が苦手な人は、手土産を持っていくことをおすすめします。

誰もが手土産をもって挨拶すれば、最初の印象も良いし、何より手土産を口実にスムーズに挨拶ができます。

リゾートバイトの手土産については以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

→【リゾートバイトに手土産は必要!?】おすすめの手土産やメリットを解説!

寮への持ち物はどんな物を持っていくべき!?

リゾートバイトの持ち物は人によってまちまちですが、女性はどうしても荷物が増えます。

  • 必需品
  • 日用品
  • 衣類

このように、相当な量になるので荷造りの段階できちんと準備をしていきましょう。

リゾートバイトの荷物については、「こちらの記事」で解説しているので参考にしてみてください。

ちなみに、荷物をあまりもっていきたくない人はAmazonを活用しましょう。

基本的に、寮もしくは職場のフロントに自分の荷物を届けてもらうことは、どこの職場もOKとなっています。

また、荷物のプラバシーを守りたい方は近くのコンビニで受け取ることもできます。

荷物を少なくしたい方はAmazonをガンガン活用していきましょう。

【リゾバの寮生活が不安な方に!】応募前の2つのアドバイス

リゾートバイトは友達と応募しても大丈夫!

はじめてのリゾートバイトが不安な方は、友達と応募することをおすすめします。

近年、リゾートバイトは学生を中心に人気が急上昇中なので、どこの派遣会社も「友達との応募歓迎」の求人を大量に掲載しています。

また、リゾートバイトに面接はありません。

短期のアルバイトのように、派遣会社に登録して求人に応募して働くだけです。

どうしても不安な方は友達を誘って派遣会社の登録に参加し、一緒に応募することをおすすめします。

派遣会社は複数登録しておこう

はじめてリゾートバイトに応募する方は、派遣会社を複数登録しておくことをおすすめします。

というのも、はじめての方は派遣会社の担当者の良し悪しにかなり左右されます。

親切な担当者であれば、自分の条件にあった求人はもちろん、寮の手配や現地までの交通ルートなどをきちんとサポートしてくれます。

また、実際に働いてからも何か職場で嫌なことがあれば、自分の代わりに職場の上司にクレームを入れてくれます。

ただ、仕事が雑な担当者はまともに求人すら紹介してくれない場合もあります。

そのため、複数の派遣会社に登録し、担当者に違和感を感じたら別の派遣会社を頼るようにしましょう。

ちなみに、大手の派遣会社はどこも来社しなくても電話だけで登録会を済ませることができます。

また、大手ほどサポート体制が万全なので、初めての方は必ず大手の派遣会社から応募して下さい。

リゾートバイト初心者におすすめの大手派遣会社ランキング

リゾートバイトに応募する時は、絶対に大手の派遣会社から応募しましょう。

求人の質やサポートの親切さはもちろん、どこも季節ごとの特集を行なっておりレアな求人を紹介してもらえます。

夏のリゾートバイトに初めて応募する人におすすめの大手派遣会社はこちらです!

【早見表】オススメのリゾバ大手派遣会社
業界No.1の高時給!昇給制度もあり!時給で選ぶなら「リゾートバイト.com(グッドマンサービス)」 ←おすすめNo.1!
業界No.1の求人数!観光地の求人が豊富!求人数で選ぶなら「リゾバ.com(ヒューマニック)」 ←おすすめNo.2!
旅館の求人数と時給がNo.1!旅館で働くなら「アルファ・リゾート」←おすすめNo.3!
徹底サポート!リゾバ後に留学・ワーホリに行くなら「はたらくどっとこむ(アプリリゾート)」←おすすめNo.4
交通費と宿泊費を全額負担してほしいなら「ハッシャダイリゾート」←おすすめNo.5

初めて応募する人は上記の派遣会社から応募すれば安心です。

▼それぞれの派遣会社の細かな特徴や比較を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

【最新ランキングベスト5!】リゾバのおすすめ大手派遣会社!リゾバ初心者必見!

Pocket
LINEで送る

【学生さんなら1回は読んでほしい記事】

【採用されるだけで祝い金!】金欠学生におすすめの求人サイト

【最大1万円のお祝い金!】アルバイトを探すならマッハバイト!

今すぐお金が欲しい方におすすめしたい求人サイトが「マッハバイト

  1. 採用されるとお祝い金が"必ず"もらえる(最大10,000円)
  2. お祝い金は最短翌日振込
  3. 上場企業「株式会社リブセンス」がサイトを運営してるから安心!
  4. 求人案件が25万件
  5. 約3分の簡単な無料登録で応募できる

マッハバイト 」は、アルバイトに応募して採用されるだけで最大10,000円のお祝い金が貰えます。

最低でも5,000円は貰えるので、アルバイトが確定するだけで日雇いバイトの給料を"必ず"もらうことができます。

しかも、他のアルバイトサイトのように祝い金の振り込みに数ヶ月後待たされることはなく、アルバイトの採用が確定してから最短で翌日に振り込まれます。

これだけ充実した「お祝い金制度」はマッハバイトだけ!

人気の求人はすぐに埋まってしまうので、応募はお早めに。

最大1万円の祝い金!
>>公式サイトはこちら

 

【必ずもらえる3万円の祝い金!】アルバイトを探すなら「アルバイトEX」

  アルバイトを探すなら「アルバイトEX」  から応募してみてください。

  • 求人案件は業界No.1の100万件以上
  • 採用されると3万のお祝い金が"必ず"もらえる
  • 上場企業「株式会社じげん」が運営してるから安心!
  • 約3分の簡単な無料登録で応募できる

「アルバイトEX」はアルバイトに応募して採用されるだけで、必ず3万円のお祝い金を"必ず"貰うことができます。

また、「マイナビバイト」や「an」などの大手求人サイトと提携しているため求人数は業界No.1の100万件。

「アルバイトEX」 だけで自分好みのアルバイトを探すことができます。

人気の求人はすぐに埋まってしまうため、応募はお早めに!

3万円の祝い金!
>>公式サイトはこちら

 

ABOUT ME
アバター
takarada
フリーライターとして活動中。 自身が大学生時代に長期・短期合わせ20個以上のアルバイトを経験し、ブラックな職場や上司に当たって、その大変さを思い知らされる。 今の大学生に、少しでも自分の理想と近く楽しいアルバイトと出会ってもらうためにアルバイトに関する情報の発信を2016年に開始。 これまで100人以上の大学生にインタビューし、それを元にアルバイトの体験談記事を執筆中。