リゾートバイト

女子大生にリゾートバイトはおすすめできない!?注意点とメリット

 

2週間以内!年末年始のリゾートバイト特集!

《年末年始のリゾートバイトを探すのにオススメのサイトランキング!》

▼時給の高さが業界No.1!WEB登録で面接なし!

【1位】リゾートバイト.com ←早い者勝ち!

▼温泉地の求人数No.1!仲居さんの時給No.1

【2位】アルファリゾート ←早い者勝ち!

▼リゾートバイトサイトの比較や詳しい評判を知りたい方はこちら

【最新ランキング】リゾートバイトの派遣会社11社を厳選!比較!

Pocket
LINEで送る

リゾート地で住み込みで働くことができるリゾートバイト。

近年、大学生を中心に若い人に人気のアルバイトとなっています。

しかし、女子大生1人でリゾートバイトに参加すると楽しいだけでなく、危険な目に遭遇することもあります。

若い男女が一定の期間、共同生活をするのですから、女性が怖い目にあう確率もゼロではないのです。

ただ、リゾートバイトは楽しくてガッツリ稼げるといったメリットもあるのも事実!

そこでこの記事では、リゾートバイトに応募して後悔して欲しくないために、

  • 応募する前に知っておっくべきリゾバの4つの真実
  • リゾートバイトの5つのメリット
  • 女性大生におすすめのリゾートバイト
  • 応募前に確認しておくべき5つの項目
  • 女性におすすめのリゾートバイトの派遣会社

を紹介していきます。

女子大生1人で応募するからこそ、事前の準備は念入りに行っていきましょう。

目次

おすすめできない!?女性大生が応募する前に知っておっくべきリゾートバイトの4つの真実

ブラックな職場にあたると観光どころではない

リゾートバイトは短期間で一気に働くため、休みが少ないことはよくあります。

週休1日の求人が多いため、定期的に休みが欲しい人からしたらデメリットです。

また、他にも、

  • 長時間労働の可能性があり
  • サービス残業を頼まれる可能性もあり
  • パワハラ・セクハラがある職場も

といったデメリットもあります。

実際、長時間労働やサービス残業などのブラック待遇は都会の企業よりも蔓延しているのが現状です。(リゾバ関係なく田舎は結構ひどい..。)

ただ、リゾバ専門の派遣会社に登録して働けば、担当者が間に入ってくれるため個人ではなく、企業間の取引となり労働者は長時間労働から守られるし、残業代もきちんと出ます。

しかも、派遣会社経由すれば交通費も出るし、労災・社会保険もあるし、勤務中も何か困ったことがあれば電話でサポートしてくれます。(代わりに勤務先にクレームを入れてくれたりなど)

そのため、リゾートバイトに応募する際は「直接雇用」ではなく「派遣会社を通して」働きましょう。

▼「直接雇用」のデメリットについては以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

リゾバの直接雇用はおすすめできない!派遣会社との比較を徹底解説!

ナンパやチャラい男が多い職場もある

残念ながら、想像通りリゾートバイトにはしつこいナンパをしてくるチャラい男が一定数います。

特に男性の中には異性との出会いを目的に働きにきている人もいるので、中には不快に思う人もいるでしょう。

さらに、派遣同士の恋愛はもちろん、社員と派遣の恋愛もあるように、リゾートバイト恋が盛んでもあります。

そのため、なるべくそういった恋愛沙汰は避けたいという方は、女性が多い職場や女性が働きやすい職種を選びましょう。

女子大生におすすめのリゾートバイトについては「記事の後半」で紹介しています。

周りに何もないリゾート地は詰む

リゾート地といっても、中には周りスーパーもコンビニもない、バスは1時間に一本といった僻地と呼ばれる場所もあります。

僻地で働きと観光どころか普段の買い出しなどにも支障が出るので要注意。

基本的に沖縄本島や関東近郊の温泉街はインフラも飲食店も整っていますが、ザ・ド田舎に行くと何もすることがなく、結局、休みの日は部屋にこもるしかないといった残念なことになることもあると覚えておいてください。

働くまでの準備が大変

リゾートバイトは働くまでの準備が大変です。

  • 派遣会社に応募
  • 面談
  • 採用されたら職場までの道順を調べる
  • 航空券や新幹線のチケットの確保
  • 荷造り

とくに、初めてリゾートバイトに応募する学生さんは右も左もわからないので、不安だらけかと思います。

正直、航空券や新幹線のチケットの購入って慣れるまで手こずりますからね…。

ただ、きちんと派遣会社を通して働けば応募から期間満了までサポートしてくれます。

また、友達の応募を歓迎している求人も多いので、不安な方は友達を誘っって応募ましょう。

【女子大生おすすめ】リゾートバイトの6つのメリット

衣食住・交通費が無料

基本、リゾートバイトは寮が完備されており、ご飯も3食無料で作業着も貸してもらえるため、身体1つあればすぐに働くことができます。

そのためお金を使うことが少なく、頑張れば1ヶ月で20万円、半年で100万円近く稼げるため、お金をガッツリ貯めることができます。

また、派遣会社を通して働けば、往復の交通費を支給してくれるので、高額な交通費を心配する必要もありません。

リゾートバイトは、短期間でガッツリ稼ぎたい学生さんにおすすめの住み込みアルバイトです。

休日に絶景の観光地を楽しむことができる

リゾートバイトの醍醐味は、南国リゾート地やスキー場、観光地など美しくて壮大な景色の中で働けることです。

また、休日はその土地独自の観光地やグルメも楽しむことができるので、働きながら旅行も楽しめるといったメリットがあります。

実際に、働きにくる人はカメラ好きやアクティブな観光が好きな人が多いので、すぐに打ち解けることもできます。

同じことの繰り返しの日常に飽きてしまった人は、リゾートバイトに応募してみてください。

職場によっては外国人が多いので英語を活かせる・学べる

リゾート地によっては外国人観光客がたくさんおり、職場によっては外国人労働者が多いところもたくさんあります。

そのため、リゾートバイトでは英語を活かして働くことができたり、働く中で英語を学ぶこともできます。

リゾーバイトでお金を貯めて留学やワーホリに行く人も多いと思うので、そういった方はリゾートバイトの時点で、積極的に英語を吸収していきましょう。

ちなみに、外国人観光客が多いリゾートバイトは以下のようになります。

  • ゲストハウス
  • 温泉旅館の仲居さん
  • スキー場リゾバ全般
  • ホテルのフロント・ベル
  • 沖縄のリゾバ全般

▼それぞれの特徴を詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

リゾートバイトで英語力を活かしたい人にオススメの職種5選!オススメの地域も

ワーホリ・留学経験者との出会いが多い

リゾートバイトに来る人は、ワーホリや留学、世界一周を経験した人など、特殊な経験を持った人が多いです。

そのため、様々な情報や知識を得ることができるのはもちろん、同じ感性を持った仲間なので、すぐに仲良くなれます。

実際、働いてみると「あそこの留学エージェントはおすすめ!」などのリアルな情報を聞き出すこともできます。

また、大手リゾバ派遣会社「はたらくどっとこむ(アプリリゾート)」は、全て無料で以下のようなサービスを提供しています。

  • 最大手DMMオンライン英会話を無料で受講できる
  • 留学エージェントより安い値段(大手の2/3価格)で留学を紹介してくれる
  • オーストラリア、カナダ、セブなど19か国から留学先を選べる

▼もっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

はたらくどっとこむ(アプリ)の評判と7つの特徴!デメリットや応募の流れも!

周りは一人で働きに来ている人がほとんどだから、すぐに職場に馴染める

リゾートバイトというと、企業の宣伝もあって男女がワイワイ働いているイメージがあり、どこか近寄りがたい雰囲気もありますよね。

しかし、実態は8割の人が1人で働きにきており、友達と一緒に応募してくる人は全体の2割程度です。

20代を中心に学生やフリーターなど、同年代の人が多く集まり、しかも旅行好きや留学・ワーホリ経験者が多いので、同じ価値観を持った者同士すぐに仲良くなることができます。

1人で働きにいくのは勇気がいることですが、周りも同じような境遇の人ばかりなので安心してください。

【憧れの同棲生活!】彼氏と一緒に生活して働ける

リゾートバイトにはカップル寮と呼ばれるものがあり、カップル寮がある求人に応募すれば、恋人と一緒に生活して一緒に働くことができます。

休日に観光デートを楽しめるのもちろん、仕事終わりに晩御飯の買い出しに出かけたり、一緒に家事をしたりと同棲も体験することができます。

恋人と旅行がてらリゾートバイトで稼ぐのもいいですし、親が厳しくて同棲や旅行を許してもらえない学生さんは、カップル寮を利用して彼氏と幸せな生活を楽しんでみてください。

▼カップル寮については以下の記事で詳しく解説しています。

【カップルで働ける!】体験談も!リゾートバイトのカップル寮を徹底解説!

女子大生におすすめのリゾートバイト

ここでは、女性が多く働いていて、女子大生が働きやすいおすすめのリゾートバイトを6つ紹介していきます。

バイキング形式のレストランのホール

  • 仕事内容:ホール・キッチン
  • 平均時給:900円~1,000円

女性が働きやすい職場で有名なのが、ホテルなどに併設されているバイキング形式のレストランのホールスタッフです。

バイキング形式だと、普通のレストランのようにオーダーを取ったり、料理を運ぶ必要がないからです。

そのため仕事量が少なく、

  1. 食事会場のセッティング
  2. 料理の補充
  3. 片付け

の3つだけになります。

このように、未経験者はもちろんホールスタッフの経験があればズムーズに働ける職種なのでおすすめです。

▼ホテルのレストランスタッフについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

【ホテルのリゾートバイト!】体験者が語る評判やメリット・デメリット!

お土産屋の売店スタッフ

  • 主な仕事内容:接客・品出し・商品の管理
  • 平均時給:900円~1,000円

販売スタッフはホテルのお土産屋さんや観光地の売店で商品を売るスタッフのことです。

とはいっても、仕事内容は

  1. 接客やレジ
  2. 商品の陳列
  3. 在庫管理
  4. ポップ作り

など普通のショップと変わらないため、販売や接客の経験があれば誰でもできる、リゾバ未経験者向けのお仕事です。

また、観光地の売店はよほどの繁忙期ではない限り、長蛇の列になることは少ないので、忙しくなることもほとんどありません。

その代わり、商品の説明を求められることはありますが、接客が好きな人からしたらいい暇つぶしになります。

人と接するのが好きな女性は売店スタッフに応募して見てください。

スキー場のリフト係

  • 主な仕事内容:リフトの監視・誘導
  • 平均時給:850円~1,000円

リフトスタッフはスキー場バイトのメインの仕事で、リフトに並んでいるお客さんの誘導やリフトの監視をしていきます。

正直、寒さ以外にはデメリットというものがなく、基本的には立っているだけで時給が発生します。

しかも、30分や1時間毎に交代があり、待機中は暖かい山小屋の中でお菓子を食べたり、スマホをいじったりとゆったりできるので、かなり楽な職種です。

更に、休みの日や休憩時間の合間にスノボーやスキーや楽しめるといったメリットまであります。

 

もっと詳しくリフト係のメリット・デメリットや体験談を知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

【スキー場バイトってきついの!?】体験者が語るメリット・デメリットをご紹介!!

テーマパークスタッフ

  • 主な仕事内容:案内・売店業務・チケット販売
  • 平均時給:900円~1,000円

テーマパークスタッフは一般的な遊園地のアルバイトと仕事内容は変わりません。

  • パーク案内
  • アトラクション案内 
  • 売店スタッフ
  • チケット販売
  • イベントスタッフ
  • 清掃

といったように、各ポジションに分かれているのが特徴です。

このように、ポジションが多く募集人数も多いため1人1人の仕事量が少ないため、楽なことで有名です。

また、テーマ内が非日常的な空間であるのはもちろん、リゾバのテーマパークは地方の求人が多いため、大自然の中で働くことができます。

都会での生活に疲れた人や普通のバイトに飽きて、地方で働きたい方におすすめの職種です。

 

▼もっと詳しくテーマパークバイトのメリット・デメリットや体験談を知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

【遊園地バイトの評判!】現役バイトが語るメリット・デメリットを紹介!

温泉旅館の仲居さん

  • 主な仕事内容:接客・配膳・後片付け
  • 平均時給:1000円~1,200円

女性に大人気の温泉旅館の仲居さんのアルバイト。

主な仕事内容は、旅館に訪れたお客さんへの部屋対応や料理の配膳、お部屋の準備&片付けとなります。

時給はとても高く、リゾバの平均時給は900円と言われている中で、仲居さんのアルバイトの平均時給は1.000円という高待遇です。

また、温泉街は大自然の中の落ち着いた雰囲気の場所にあるため、女性が多く働いており、静かな環境で働きたい人におすすめ。

他にも、外国のお客さんが多いので語学力を活かせたり、きちんとした敬語を学べるので就活に有利といった特徴もあります。

 

もっと詳しく旅館の仲居さんバイトの体験談やメリット・デメリットを知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

【旅館のリゾートバイトはきつい!?】体験者が語るメリット・デメリット!

ナイトワーク(リゾキャバ)

  • 仕事内容:キャバクラやガールズバーでの接客
  • 平均時給:1,500円~2000円

女性特有のリゾートバイトで、逆に出会いが欲しい人におすすめの職種がナイトワーク(リゾキャバ)です。

ナイトワークとはキャバクラやガールズバーでの接客です。

ただ、キャバクラといっても場所は都心などでなく、沖縄の離島といった南国で働くのが一般的となっています。

仕事内容は普通のキャバクラと同じのため昼夜逆転生活になったり、お酒を飲まなくてはいけないど、大変な面も多いです。

しかし、リゾバのナイトワークといえば宮古島などの南国の離島となるため、開放的で非日常的なオーシャンビュー空間で働くことができます。

そのため、休日や日中はダイビングやシュノーケルを楽しめるため、都心に疲れた若い女性の間で非常に人気があります。

更に、平均時給も業界No.1のためガッツリ稼ぐことができ、夜の接客業と南国の開放的な雰囲気が好きな人におすすめの職種といえます。

 

もっと詳しくリゾキャバの仕事内容や体験談、メリット・デメリットを知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

【リゾキャバのデメリット・メリット!】体験者が語るリアルな現場の実態!

女子大生がリゾートバイトに応募する前に確認すべき5つの注意点

職場の雰囲気は派遣会社の担当者を通して確認しておく

リゾートバイトは派遣会社を通して働いていくのですが、リゾバ専門の派遣会社に登録すると、一人一人に担当者が付きます。

その際に、事前に自分が働きたい職場の雰囲気を聞いておきましょう。

意外かもしれませんが、「正直、職場はどんなかんじてすか?」と担当者に聞くと、いろいろ本音で教えてくれます。

担当者
担当者

この職場は責任者が寛大な人なので職場の雰囲気はいいですよ!

担当者
担当者

この職場の責任者はクセがあるし、残業も強要してくるけど大丈夫ですか?

この際、

  • 過去に人間関係でトラブルがあった
  • 人の出入りが激しい(すぐ辞める)

といったことを言われたら、別の求人に応募しましょう。

正直、職場の責任者が最悪だと、自ずと雰囲気も最悪ですからね。

おすすめのリゾートバイトの派遣会社については以下の記事を参考にしてみてください。

→【最新ランキング】リゾートバイトの派遣会社11社を厳選!比較!

交通手段を把握しておく

リゾートバイトでまず確認しておきべきことは、交通手段です。

  • 車がなくても生活できるか?
  • バスは1時間に何本くるか?
  • 車は持ち込めるか?
  • 近くにレンタカー屋はあるか?

交通手段を把握していないと、観光どころかちょっとした買い出しもできなくなります。

また、寮から職場までの距離を把握しておくことも重要です。

基本的にリゾートバイトの寮は職場の近くにあるのですが、中には職場から10~15分以上歩く、もしくはバスを使わないと行けない場合もあります。

とくに街灯の少ない田舎街を女性1人が夜遅くに歩くのは危険なので、交通手段は応募の際にきちんと確認しておきましょう。

近くにスーパーやコンビニはあるか確認

近くにスーパーやコンビニがあるかも必ず確認してください。

特に女性は日常生活において、こまめに必要になってくる物が多いです。

そのため、近くにスーパーやコンビニがないと、苦労することが増えるので、確認は怠らずに。

また、近くにスーパーなどがなくても、バス圏内にあるかもしくは、近くに商店があるかも確認しておきましょう。

▼リゾートバイトの持ち物については以下の記事を参考にしてみてください。
女性にとって必要なものも紹介しています。

スキーバイトに必要な持ち物を6項目に分けて徹底解説していきます!

寮の環境について確認

寮の環境についても応募の際に詳しく確認をとりましょう。

個室寮でもお風呂やトイレが共同のことはあります。

また、建物が古いと寮全体が汚かったり、虫が出ることもあるので、寮選びはかなり大事です。

また、男女の寮が別であるかも確認してください。

部屋は個室でも男女の寮が一緒なんてこともまれにあります。

男性との共同生活を避けるたいなら、きちんと確認しましょう!

女性はとくに持ち物をきちんと確認しておこう!

リゾートバイトに行く前に持ち物の確認もきちんと行っておきましょう。

リゾートバイトは基本的に地方で働くことので、場所によっては気軽に買い物ができない場合もあります。

とくに、女性は日用品や必需品を含め持ち物が多いと思うので、荷造りはきちんと行いましょう。

▼リゾートバイトに必要な持ち物は以下の記事で解説しているので、参考してみてください。

リゾートバイトに必要な持ち物を6つの項目に分けいて解説

女性大生がリゾバの求人を探すなら「リゾートバイト.com」!時給の高さが業界No.1!

リゾートバイトの求人を探すなら、業界No.1の高時給を誇るリゾートバイト.comを活用してみてください。

1,100円~1,300円の時給の求人が多く、少ないですが中には時給1,400円の求人もあります。

また、女性大生には嬉しい、個室寮完の求人が1,000件以上あります。

リゾートバイト.comの特徴

  • 時給の高さが業界No.1
  • 消費・光熱費・食費がすべて無料の求人が多い
  • 2万円の交通費が支給される
  • 給料の前払い制度あり(上限5万円)
  • 運営会社:グッドマンサービス 

「リゾートバイト.com」 は時給の高さが業界No.1

リゾートバイトの平均時給は1,000円と言われていますが、「リゾートバイト.com」 平均時給が1.000円で、他社にはほとんどない時給1,300円の高時給求人もあります。

また、消費・光熱費・食費がすべて無料の求人が多いので、短期間でたっぷり貯金することも可能。

もちろん、交通費の支給もありです!

ガッツリ稼ぎたいならリゾートバイト.comから応募してみてください。

ちなみに、登録したからといって必ず働かなくてはいけない訳ではないので、ご安心ください。

リゾートバイト.com
>>公式サイトはこちら

「さらに詳しく特徴や評判、欠点を知りたい人は以下の記事を参考にしてみてください」

 

リゾートバイト.comの応募の流れ

リゾートバイzトが初めての人は応募の仕方が分からないと思います。

そこで!ここでは、リゾートバイト.comの応募方法から実際に働くまでの流れを紹介していきます。

お仕事紹介までの登録は10分ほどで済むので、早速登録していきましょう。

1,リゾートバイト.comのサイトに飛び、気になる求人から応募する

まずは、 リゾートバイト.comのサイトに飛び、

気になる求人を探して応募みてください。

2,【約1分!】WEB応募ページに飛び、個人情報を記入していく!

次に1分ほどで済む、簡単な「WEB応募」画面に飛ぶので、項目を入力して行ってください

全ての記入が済んだら、一番下の「送信内容確認画面」を押して確認し、送信しましょう。

3,メールが届くので、「マイページ」にログイン

すると、登録したメールアドレスに、

  1. ログイン画面用のURL
  2. メールアドレス
  3. パスワード

が届くので、リゾートバイト.comにログインしてマイページを開きましょう。

「3週間以内の短期のバイト希望」

「18際未満の方」

は履歴書登録の前に、「0120-18-4121」または「03-5207-2962」まで電話してください。

先に求人を確保したり身分を確認するためなので、忘れずに電話しましょう。

4,履歴書に必要事項を埋めていく

マイページに入ったら以下の画面が出てくるので、「履歴書」をクリックし必要事項を埋めていってください。(履歴書の記入は5分ほどで済みます)

ちなみに、履歴書の写真に関しては証明写真を撮る必要はなく、スマホで撮った写真をアップロードするだけで大丈夫です。

登録後の流れ

  1. 担当者から連絡がくる
  2. 電話、Skype、対面のどれかで「面接」を済ませる
  3. 自分の条件にあった勤務先を相談
  4. 勤務先が決まったら担当者と持ち物や場所の調整をし、出勤

その後は、リゾートバイト.comの担当者から連絡がくるので、電話かSkype、対面の「面接」を行なっていきます。(必ずしも会社に行く必要はありません。)

ただ、面接とはいっても登録情報の確認やこれからの流れの説明を受けるだけなので、派遣バイトの登録会程度に思ってもらって大丈夫です。

その後はリゾートバイト.comの担当者からおすすめの求人を紹介してもらえるので、応募した求人も含め、自分に合った求人があれば、応募していきましょう。

お仕事が決まったあとは、担当者と勤務地や当日の持ち物の確認をし、あとは働きだけです。

リゾートバイト.com
>>公式サイトはこちら

Pocket
LINEで送る

年末年始のリゾートバイトを探すのにオススメのサイトランキング!

年末年始のリゾートバイトは本来、求人が少ないのですが、以下のサイトは年末年始の求人が多く、時給も業界トップクラスです。

人気の求人は早いもの勝ちになります。

▼時給の高さが業界No.1!WEB登録で面接なし

【1位】リゾートバイト.com

▼温泉地の求人数No.1!仲居さんの時給No.1

【2位】アルファリゾート

▼リゾートバイトサイトの比較や詳しい評判を知りたい方はこちら

【最新ランキング】リゾートバイトの派遣会社11社を厳選!比較!

ABOUT ME
アバター
takarada
フリーライターとして活動中。 自身が大学生時代に長期・短期合わせ20個以上のアルバイトを経験し、ブラックな職場や上司に当たって、その大変さを思い知らされる。 今の大学生に、少しでも自分の理想と近く楽しいアルバイトと出会ってもらうためにアルバイトに関する情報の発信を2016年に開始。 これまで100人以上の大学生にインタビューし、それを元にアルバイトの体験談記事を執筆中。 公式Twitterはこちら→https://twitter.com/arunews08