リゾートバイト

【8割がぼっち参加!】リゾートバイトに1人で参加しても大丈夫な理由と注意点!

 

短期!冬&春休みのリゾートバイト特集!

《コロナで大変な中でも求人が多いサイトランキング!》

▼時給の高さが業界No.1!WEB登録で面接なし!

【1位】リゾートバイト.com ←早い者勝ち!

▼温泉地の求人数No.1!仲居さんの時給No.1

【2位】アルファ・リゾート ←早い者勝ち!

▼リゾートバイトサイトの比較や詳しい評判を知りたい方はこちら

【最新ランキング】リゾートバイトの派遣会社11社を厳選!比較!

Pocket
LINEで送る

「リゾートバイトって1人で参加しても大丈夫??」

「ぼっち参加でも周囲と打ち解けることはできるの?」

リゾートバイトは楽しそうな反面、1人で参加するとなると不安なことも多いですよね。

ただ、結論から言うと8割以上の人が1人でリゾートバイトに参加しているため、「ぼっち参加」でも大丈夫なことが多いです。

この記事では1人でリゾートバイトに参加しようとしている人のために、「ぼっち参加」でも大丈夫な理由や、1人で参加する時の注意点などを紹介していきます。

1人でリゾートバイトに参加しようとしているあなたの参考になれば幸いです。

目次

危なくない!?リゾートバイトはぼっちでも大丈夫な理由!

はじめに、リゾートバイトはぼっち参加でも大丈夫な理由を紹介して行きます。

不安な気持ちをなくすためにも、参考にしてみてください。

ほとんどの人が1人で働きに来ているから心配ない

結論から言うと、リゾートバイトに働きに来ている人の大半が「1人で参加」しています。

普通のアルバイト同様、友達同士での参加は少なく、ほとんどの人が「ぼっち参加」なのです。

実際、リゾートバイトの大手派遣会社「リゾバ.com」のデータを見ると、8割以上の人が「1人で参加」しています。

このように、1人で働きに来ている人がほとんどなので、普通のバイトのように仕事をして行くうちに自然と打ち解けて行くのがリゾートバイトなのです。

20~30代は同年代の同僚が多い

リゾートバイトの平均年齢は20~30代です。

そのため、学生やフリーターの方が多く、ジェネレーションギャップも全くありません。

一緒に働き、寮で顔を合わせて一緒にご飯を食べて行くうちに自然と打ち解けていきます。

また。リゾートバイトというとパリピのイメージが強いですが、実際はそこまではっちゃけた人はいませんでしたね。

基本的に普通の大学生やフリーターが大半でした。

ただ、職種や地域によってはどうしてもパリピが多く集まってしまうこともあります。

そういったパリピが集まる職場が嫌な方は、以下の記事を参考にしてみてください。

>>【パリピは嫌だ!】コミュ障におすすめの4つのリゾートバイトを解説!

飲み会は毎回参加しなくても大丈夫!

リゾートバイトというと、飲み会が多いイメージですよね..。

ただ、実際に大きな飲み会はそこまでありません。

なぜなら、みんなシフトがバラバラで、職場の人全員が一緒に集まるタイミングがほとんどないからです。

そのため、仲がいい人同士が少人数で集まって飲む程度ですね。

しかも、リゾートバイトは朝が早いので夜遅くまで飲むことも少ないし、断ったところで変な空気にもなりません。

みんな忙しいのを理解しているので。

そのため、飲み会は積極的に参加する必要はないので、ご安心を。

女性1人でも大丈夫!寮は男女別でセキュリティ◎

女子大生1人で参加するとなると、寮の雰囲気やセキュリティが心配になってくるかと思います。

ただ、最近のリゾートバイトの寮は個室寮が多く、男女別の寮がほとんど。

しかも、管理人が付いている寮も多いので、セキュリティの面でも心配する必要は何もありません。

また、温泉旅館は女将が厳しく取り締まっているイメージで、男子が女子の寮に行っただけで強制退去の職場もあります。

リゾートバイトの寮についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

>>リゾートバイトの寮生活の不安を体験者が解説!よくある疑問に答えていきます!

ぼっちでリゾートバイトに参加する時に気をつける3つのこと

ここでは、ぼっちでリゾートバイトに参加する時に最低限気をつけておくべきことを紹介していきます。

職場に早く馴染むためにも、参考にしてみてください。

コミュ障なら個室寮にしよう

人とのコミュニケーションが得意ではなく、1人の時間が欲しい人は絶対に個室寮にしましょう。

ぼくも1人の時間が欲しいタイプなのですが、1回「相部屋寮」を選択してしまい、後悔したことがあります。

どんなに気があっても、家族以外の他人がいると何かと気をつかうので、心から休まることはありません。

職場以外では極力人と関わりたくない人やゆっくり休みたい人は「個室寮」にしましょう。

挨拶はしっかり!できればお土産も

全員にする必要はありませんが、同じ職場の同僚や寮の人にはしっかり挨拶をしましょう。

新人というの良くも悪くも注目されがちです。

逆の立場になって考えた時に、新しく入ってきた人が挨拶なくいきなり職場で働き出したら、嫌な感じですよね。

愛想をよくする必要はありませんが、「はじめの挨拶」だけはしっかりしておきましょう。

また、必ず必要なわけではありませんが、職場に地元のお土産を持って行くと喜ばれます。

お土産を持って行くと自然に自分の自己紹介もできますし、同郷の人がいれば打ち解けることもできます。

参考にしてみてください。

リゾートバイトの派遣会社を通して働く

リゾートバイトに参加する時は、必ず派遣会社を通して働きましょう。

リゾートバイトには派遣会社を通して働く他に「直接雇用」があるのですが、以下のデメリットがあります。

  • 長時間労働は当たり前(1日12時間労働など)
  • サービス残業は当たり前

皆さんもご存知、日本は労働環境に関してはブラック大国であり、リゾートバイトも例外ではありません。

これはリゾートバイトの負の面なのですが、長時間労働やサービス残業などのブラック待遇は都会の企業よりも蔓延しているのが現状です。(リゾバ関係なく田舎は結構ひどい..)

ただ、派遣会社が間に入ることで個人ではなく、企業間の取引となるため、労働者は長時間労働から守られるし、残業代もきちんと出るのです。

そのため、リゾートバイトビギナーほど、派遣会社を通して働くことをおすすめします。

リゾートバイトの派遣会社については、以下の記事でまとめているので参考にしてみてください。

>>【最新ランキング】リゾートバイトの派遣会社11社を厳選!比較!

リゾートバイトのメリット・デメリット

次にリゾートバイトのメリット・デメリットを紹介していきます。

まずはデメリットから!

リゾートバイトの3つのデメリット

基本的に休みが少ない

リゾートバイトは短期間で一気に働くため、休みが少ないことはよくあります。

週休1日の求人が多いため、定期的に休みが欲しい人からしたらデメリットです。

ただ、勤務地や時期によっては週休2日や3日のシフトを組める求人もあるので、休日を多くにとりたい方は、応募の前にきちんと派遣会社の担当者に確認しましょう。

大きな病気になったら強制送還

リゾートバイトのアルバイトは、大きな病気になったら強制的に帰らなくてはいけません。

いても病気が悪化するだけで、しかも次に働きたい人のために寮を開ける必要があるからです。

また、給与は働いた分しか貰えません。

ただ、普通の風邪程度でしたら2~3日の休みをきちんともらうことができ、その後はきちんと復職できるので安心してください。

派遣先の上司に頼めば病院にも連れて行ってもらえます。

移動が不便

リゾート地は地方の山奥や田舎にあることが多いので、基本的に車がないと移動は大変です。

また、近くにコンビニやスーパー、娯楽施設がないので、自然やそのリゾート地のアクティブを楽しむしかありません。

車が持ち込めるリゾート地もたくさんあるので、車を持っている方は応募の際にきちんと確認しましょう。

ちなみに、沖縄本島のリゾバはモノレールやバスがあるので移動が楽です。

リゾートバイトの4つのメリット

衣食住が無料なので貯金しやすい 

基本、リゾートバイトは寮が完備されており、ご飯も3食無料で作業着も貸してもらえるため、身体1つあればすぐに働くことができます。

そのためお金を使うことが少なく、頑張れば1ヶ月で20万円、半年で100万円近く稼げるため、お金をガッツリ貯めることができます。

旅行・留学費用、ワーホリの費用を貯めたい方におすすめのバイトです。

派遣会社によっては高時給

リゾートバイトは地方で働くことが多いので、基本的に時給は低めに設定されているのですが、派遣会社によっては高時給で働くことは全然可能です。

例えば、時給の高さが業界No.1のリゾートバイト.comは、1.100円~1.300円以上の求人が豊富にあります。

このように、同じ職場でも派遣会社によって時給が100円以上変わることはよくあることなので、きちんと派遣会社を決めてから応募しましょう。

非日常で働くことができる

リゾートバイトの醍醐味は、南国リゾート地やスキー場、観光地など美しくて壮大な景色の中で働けることです。

また、休日はその土地独自の観光地やグルメも楽しむことができるので、働きながら旅行も楽しめるといったメリットがあります。

同じことの繰り返しの日常に飽きてしまった人は、リゾートバイトに応募してみてください。

刺激的な仲間との出会いが多い

リゾートバイトに来る人は、ワーホリや留学、世界一周を経験した人など、特殊な経験を持った人も多いです。

また、ウインタースポーツやマリンスポーツなど、共通の趣味を持った人も多いので、すぐに打ち解けることができます。

そのため、様々な情報や知識を得ることができるのはもちろん、同じ感性を持った仲間に出会えるのもリゾートバイトの魅了ですね。

ぼっち参加におすすめのリゾートバイトの職種

ここでは、ぼっち参加におすすめのリゾートバイトの職種を紹介していきます。

リゾートバイトには接客業以外の職種もあるので、参考にしてみてください。

ホテルの裏方業務

  • 主な仕事内容:客室のベッドメイキング・清掃
  • 平均時給:1,000円
  • パリピ出現率:10%未満

ホテルの裏方業務は2人1組になって、ホテルの裏方業務をしていきます。

主な仕事内容は客室のベッドメイキングや掃除機を使った清掃がメインとなります。

黙々とホテルの全体の客室のベッドメイキングと清掃を行っていくだけなので、接客要素は必要なく、スキルも必要もありません。

また、近くに社員がいないため気楽に働くことができ、2人1組なので何かあったらお互いに助け合うことができます。

そのため、バイト未経験者や1人で黙々と作業したい人におすすめのアルバイトとなっています。

洗い場・皿洗い

  • 仕事内容:お皿洗い・乾燥
  • 平均時給:900円~1.000円
  • パリピ出現率:5%未満

洗い場・皿洗いの職種はリゾバの裏方業務の定番でもあり、求人も豊富です。

仕事内容は運ばれて来た食器をひたすら洗浄して、乾燥させていくだけです。

しかも、最近は自動洗浄機と乾燥機などを導入している場所も多いので、一つ一つ手洗いする必要もなくかなり楽になりました。

単純作業を延々と繰り返していくだけなので、苦痛に感じる人もいるかと思いますが、接客がないので、黙々と作業していきたい人には最適です。

また、調理補助と違い料理人や上司からガミガミ言われることもありません。

洗い場・皿洗いスタッフは、地味な作業を嫌うパリピが少なく静かな人が多いので、ワイワイするのが苦手な人は洗い場・皿洗いを選択しましょう。

ただ、働く場合はすぐに手が荒れてしまうので、ハンドクリームは忘れずに。

ホテルのナイトフロントスタッフ

  • 仕事内容:受付・売上管理・見回り
  • 平均時給:1,200円~1,400円
  • パリピ出現率:20%未満

ホテルのナイトフロントとは、夜間のホテルのフロント業務を任される職種です。

お客さんはほとんどいないため受付の仕事量は少なく、その代わりお客さんのリストや売上の管理、ホテル内の見回りといったように、1人で黙々とできる作業がメインになります。

しかも、この時間帯は上司は裏にいるか帰っているので面倒くさい監視もありません。

数あるリゾバの職種の中で最も仕事量が少なく、楽な職種でありしかも高時給のため、楽して稼ぎた人にうってつけの仕事なのです。

ただ、その代わり求人はとてつもなく少ないので、運良く求人を見かけたら即座に応募しましょう。

ホテルのナイトフロントを探すなら時給が業界で一番高く、ナイトフロントの求人が豊富なリゾートバイト.comがおすすめです。

リゾートバイトに向いている人の特徴

リゾートバイトに向いている人の特徴を紹介していきます。

参加しようか悩んでいる人は参考にしてみてください。

  • 集団生活が苦にならない人
  • 気配り上手な人
  • アクティブな趣味がある人
  • 短期間でガッツリ稼ぎたいという意思がある人
  • 時間がある人
  • 学生時代に思い出を残しておきたい人

いじめなどない!リゾートバイトはぼっちで参加しても大丈夫

ぼくの経験談も含め、これまで20人以上のリゾートバイト経験者にインタビューしてきましたが、ほとんどの人が1人で参加し、楽しい思い出を作ってきました。

「いじめもあるのでは??」と不安に感じる人もいるかと思いますが、そういったいじわるをする人は皆無に近いです。

冒頭でもお伝えしたように8割以上の人が1人で働きに来てい流ので、普通に働き、普通に生活していれば自然と打ち解けていきます。

むしろ、ほとんどの人が「もっと働きたい!」と思うほど、リゾートバイトには魅力が詰まっているんですよね。

きちんと派遣会社を通して働けば「働いた分の給料だけをもらい途中で帰ってくる」こともできます。

社会人になると、1ヶ月以上休める職場はほとんどないので、リゾートバイトに参加するなら、時間のある学生時代にしましょう。

あなたの挑戦を応援しています。

リゾートバイトを探すなら「リゾートバイト.com」!時給の高さが業界No.1!

リゾートバイトの求人を探すなら、業界No.1の高時給を誇るリゾートバイト.comを活用してみてください。

1,100円~1,300円の時給の求人が多く、少ないですが中には時給1,400円の求人もあります。

リゾートバイト.comの特徴

  • 時給の高さが業界No.1
  • 消費・光熱費・食費がすべて無料の求人が多い
  • 2万円の交通費が支給される
  • 給料の前払い制度あり(上限5万円)
  • 運営会社:グッドマンサービス 

「リゾートバイト.com」 は時給の高さが業界No.1

リゾートバイトの平均時給は1,000円と言われていますが、「リゾートバイト.com」 平均時給が1.000円で、他社にはほとんどない時給1,300円の高時給求人もあります。

また、消費・光熱費・食費がすべて無料の求人が多いので、短期間でたっぷり貯金することも可能。

もちろん、交通費の支給もありです!

ガッツリ稼ぎたいならリゾートバイト.comから応募してみてください。

ちなみに、登録したからといって必ず働かなくてはいけない訳ではないので、ご安心ください。

リゾートバイト.com
>>公式サイトはこちら

「さらに詳しく特徴や評判、欠点を知りたい人は以下の記事を参考にしてみてください」

 

リゾートバイト.comの応募の流れ

リゾートバイトが初めての人は応募の仕方が分からないと思います。

そこで!ここでは、リゾートバイト.comの応募方法から実際に働くまでの流れを紹介していきます。

お仕事紹介までの登録は10分ほどで済むので、早速登録していきましょう。

1,リゾートバイト.comのサイトに飛び、気になる求人から応募する

まずは、 リゾートバイト.comのサイトに飛び、

気になる求人を探して応募みてください。

2,【約1分!】WEB応募ページに飛び、個人情報を記入していく!

次に1分ほどで済む、簡単な「WEB応募」画面に飛ぶので、項目を入力して行ってください

全ての記入が済んだら、一番下の「送信内容確認画面」を押して確認し、送信しましょう。

3,メールが届くので、「マイページ」にログイン

すると、登録したメールアドレスに、

  1. ログイン画面用のURL
  2. メールアドレス
  3. パスワード

が届くので、リゾートバイト.comにログインしてマイページを開きましょう。

「3週間以内の短期のバイト希望」

「18際未満の方」

は履歴書登録の前に、「0120-18-4121」または「03-5207-2962」まで電話してください。

先に求人を確保したり身分を確認するためなので、忘れずに電話しましょう。

4,履歴書に必要事項を埋めていく

マイページに入ったら以下の画面が出てくるので、「履歴書」をクリックし必要事項を埋めていってください。(履歴書の記入は5分ほどで済みます)

ちなみに、履歴書の写真に関しては証明写真を撮る必要はなく、スマホで撮った写真をアップロードするだけで大丈夫です。

登録後の流れ

  1. 担当者から連絡がくる
  2. 電話、Skype、対面のどれかで「面接」を済ませる
  3. 自分の条件にあった勤務先を相談
  4. 勤務先が決まったら担当者と持ち物や場所の調整をし、出勤

その後は、リゾートバイト.comの担当者から連絡がくるので、電話かSkype、対面の「面接」を行なっていきます。(必ずしも会社に行く必要はありません。)

ただ、面接とはいっても登録情報の確認やこれからの流れの説明を受けるだけなので、派遣バイトの登録会程度に思ってもらって大丈夫です。

その後はリゾートバイト.comの担当者からおすすめの求人を紹介してもらえるので、応募した求人も含め、自分に合った求人があれば、応募していきましょう。

お仕事が決まったあとは、担当者と勤務地や当日の持ち物の確認をし、あとは働きだけです。

リゾートバイト.com
>>公式サイトはこちら

Pocket
LINEで送る

冬&春休みのリゾートバイトを探すのにオススメのサイトランキング!

現在、学生さんの冬&春休みに合わせて求人増加中!以下のサイトは求人数が多く、時給も業界トップクラス!

テスト明けは、大自然溢れる観光地でリゾートバイトとレジャーを満喫しよう!

高時給の求人は早いもの勝ちになります。

▼時給の高さが業界No.1!WEB登録で面接なし

【1位】リゾートバイト.com ←早い者勝ち

▼温泉地の求人数No.1!仲居さんの時給No.1

【2位】アルファ・リゾート ←早い者勝ち

▼リゾートバイトサイトの比較や詳しい評判を知りたい方はこちら

【最新ランキング】リゾートバイトの派遣会社11社を厳選!比較!

 

ABOUT ME
アバター
takarada
フリーライターとして活動中。 自身が大学生時代に長期・短期合わせ20個以上のアルバイトを経験し、ブラックな職場や上司に当たって、その大変さを思い知らされる。 今の大学生に、少しでも自分の理想と近く楽しいアルバイトと出会ってもらうためにアルバイトに関する情報の発信を2016年に開始。 これまで100人以上の大学生にインタビューし、それを元にアルバイトの体験談記事を執筆中。 公式Twitterはこちら→https://twitter.com/arunews08