フリーター 就職

【今がベスト】24歳フリーター男性の就職が難しくない理由と就職方法を解説!

Pocket
LINEで送る

結論から言いますと、24歳フリーター・ニートからの就職は、まったく難しくありません。

遅いどころから、むしろ就職するなら今がベストです。

なぜなら、2020年の東京オリンピックをはじめ好景気が続いているにもかかわらず、企業は若手不足に悩んでいるからです。

この記事では、20代フリーターからの就職が難しくない理由と具体的な就職方法を紹介していきます。

就職活動の参考になれば幸いです。

24歳で就職できないはウソ!フリーター・ニートが正社員になるべき理由

冒頭でもお伝えしたように、新卒を逃した24歳のフリーターやニートの方が就職できないというの真っ赤なウソです。

なぜなら、24歳という年齢は「第2新卒者」と待遇が変わらないからです。

第2新卒者とは、1度就職したものの、3年以内に会社を辞めてしまった人のこと。

一見、第2新卒者はデメリットに思えますが、実は若さというポテンシャルを秘めており、尚且つ企業としては教育がしやすいということで、市場価値はとても高いです。

そして、「第2新卒者」同様に就職経験がないフリーターやニートの方も市場価値は高いです。

2020年の東京オリンピックをはじめ、現代の日本は好景気でありながらも、企業は若手不足で嘆いています。

現代は、職歴や学歴関係なく「若い」というだけで採用してくれる優良企業はたくさんあります。

そのため、正社員として就職するなら「今がベスト」なのです。

【末路】24歳の男性がフリーターを続けるとどうなる?

現代の日本は好景気でありながらも若手不足のため就職は難しくないですが、逆を言うと年をとるごとに、就職は難しくなってきます。

24歳のフリーターが就職せずに、ズルズルとフリーター生活を続けるとどうなるのかを、年代別に解説していきます。

20代~30代フリーターと正社員の比較と将来

給与面

この段階だと給与面ではさほど差はありません。

ただ、20代後半になってくると大手企業では30万円近くの給与+2~3ヶ月分のボーナスを年に2回もらう人もでてきます。

それでも、掛け持ちや副業をすればフリーターでも20万円以上近く稼いでいる人はいるので、一般的な会社員との格差はそこまでないでしょう。

生活面

生活面に関してもそこまで差はありません。

特に都市部に住んでいる場合は家賃や光熱費が高いので、実家暮らしのフリーターの方が自由にお金を使えます。

ただ、結婚に関しては20代後半から厳しくなってきます。

特に女性は男性よりも現実的なので、将来を見据えて正社員の男性との結婚を望む人が増えてくるんですよね…。

夢を追っている人ならまだしも、フラフラとフリーターの生活を続けている男性は女性から見切られる可能性がでてきます。

楽しい生活は無理!40~50代のフリーターと正社員の比較と将来

給与面

30代半ばに突入してから、給与面に大きな格差が生まれてきます。

フリーターの年収が多くて240万程度(月に20万円)に対し、正社員の給与は年功序列のため、エスカレーター方式で伸びていくからです。

  • 30代半ば正社員の平均年収→400万円~500万円(月収30万円~40万円)
  • 40代正社員の平均年収→500万円~700万円(月収45万円~65万円)
  • 50代正社員の平均年収→600万円~800万円以上(月収50万円~)

これに加え、ボーナスや社会保障もあるので、正社員は家やマンション、車を購入していき、家庭を築いて、子育てにお金を使っていきます。

しかし、フリーターは自分で起業したり、結婚しない限り、収入は一切増えないためお金の面で苦労することになります。

また、同年代と自分の収入を比べ、自己嫌悪に陥ることが増えてくるでしょう。

生活面

生活面に関しても大きな差が生まれてきます。

周りの友人たちは子育てや昇進の話題で盛り上がるので、飲み会では疎外感を感じることが増えます。

そもそも、友人たちは休日になると家族サービスに時間を取られるので、学生時代のように頻繁に遊べなくなります。

また、この年代になると結婚もかなり難しくなってくるのが現実です。

なぜなら、男性の最大の武器である収入が全くないため、女性に全く相手にされなくなるからです。

さらに、家族や親戚からの風当たりも強くなり、30代後半あたりから親から勘当されるフリーターもでてきます。(知人に1人いました…。)

また、正社員の就職もほぼほぼ無理になってくるので、20代のうちに就職活動を行う必要があるのです。

【20代男性】フリーターやニートからの就職方法 

あまりにも現実的なことを書きすぎて、萎えてしまったかもしれませんが、冒頭でもお伝えしたように、24歳の今なら就職は全然難しくありません。

ここからは、24歳のフリーター、ニートの方が最短ルートで就職する方法を紹介していきます。

主な方法は以下の3つです。

  • 就職支援サービスを使って正社員に就職
  • ハローワーク経由or自分で企業を探して応募
  • アルバイトから働き正社員になる

この中で1番おすすめなのが、就職支援サービスを使って正社員に就職する方法です。

就職支援サービスを活用すれば、以下のサービスをすべて無料で受けることができます。

  • 業界・企業研究のサポート
  • 優良企業の求人紹介
  • 応募サポート
  • 面接対策
  • 内定をもらってからのアフターフォロー

フリーターやニートから正社員への就活を始める人のほとんどが、はじめての経験になります。

不安な気持ちが強いのは当たり前のことなので、だからこそマンツーマンであなたの就活をサポートしてくれる就職支援サービスを活用して、充実した社会人生活を手に入れましょう!

ちなみに、フリーターの方の就活についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

→【フリーターでも正社員就職は可能!】体験談も踏まえ就活のコツを解説!

20代のフリーターやニート向けの就職支援サービス 

フリーターから正社員に就職するときに、絶対活用してほしい就職支援サービスを3つ紹介していきます。

ここで紹介するサービスの運営会社はほとんどが上場企業のため、実績も安全性も高いです。

また、どのサービスもすべて無料で利用できるので、1人での就活に不安を抱いているならば、是非、サービスの活用を検討してみてください。

もっとたくさんのサービスやそれぞれのサービスの比較を知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

→20代フリーター向け!おすすめの就職支援サービス10選を紹介!

【No.1】入社後の定着率が91.3%の「JAIC(ジェイック)」

JAIC(ジェイック)の特徴

  • 入社後定着率91.3%
  • 就職成功率81.1%
  • 就職支援実績20,000名以上
  • 18~34歳の男女がサービスの対象(女性専門のサービスも)
  • 運営会社は東証マザーズに上場している

1番の特徴は入社後内定率91.3%というデータで、離職率が低いことからそれだけ良質な求人を抱えているのがわかります。(この数値は業界No.1)

就職成功率も81.1%という驚異的な数字を誇っており、これまで20,000名以上が見事内定をもらっています。

「ゼロから就職まで」専門のアドバイザーが徹底的にサポートしてくれるので、就活をしたことがない人でも安心して就職活動に挑むことができます。

関東・関西・九州に支社があるので就活ビギナーは活用してみて下さい。

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

 

>>ジェイックの評判はこちら

【No.2】他社の10倍以上サポート!ウズキャリ!

  • 内定率86%、就職後の定着率93%
  • 無料のビジネス・専門スキル講座あり
  • 20時間以上の徹底キャリアサポート
  • 未経験可の求人が豊富
  • IT系の求人も豊富

ウズキャリは、無料でエンジニアやプログラマー、営業といった専門スキルを学ぶ講座を受けることができます。(2~4週間みっちり)

また、「他社の10倍以上サポート」をモットーにキャリアサポートや面接対策など、専門のカウンセラーがマンツーマンであなたの就活を支援してくれます。

あなたをサポートするカウンセラーも元既卒や元第二新卒が多いので、親身になって相談に乗ってくれます。

会員登録は登録は1分程度で完了します。

>>ウズキャリの公式サイトはこちら

 

>>ウズキャリの評判はこちら

【No.3】カウンセリングが強みの「ハタラクティブ」

ハタラクティブの特徴

  • 正社員成功率80.4%
  • 支援実績15万人以上
  • カウンセリングをメインにサポート
  • 応募者の経歴を問わずにサポート
  • 関東圏の就活がメイン

ハタラクティブの最大の強みはカウンセリングが徹底している点と、独自の求人案件を取り扱っている点です。

ハタラクティブはカウンセリングに力を入れているため、「どんな職種が自分に向いているかわからない」という方でも丁寧にヒアリングを行い、自分に適した職種を一緒に考えてくれます。

また、独自の求人案件が豊富なのも強みで、「履歴書の経歴や職歴が真っ白でも給与が25万円以上の優良企業を紹介してもらえた!」といった評判も多いです。

フリーターの就職なら!【ハタラクティブ】

 

>>ハタラクティブの評判はこちら

24歳,25歳フリーターからの就職は全く遅くありません

20代フリーターからの就職はまったく遅くありません。

冒頭でも説明したように、20第前半は「第2新卒者」と同じ扱いになり、しかも、現代の日本企業は好景気でありながらも若手不足に悩んでいるからです。

ただ、逆にこのままフリーターを続けると就職はどんどん難しくなってきます。

また、日本は災害が多いため不景気になる確率は高く、経済的にもこのまま好景気が続く保証はどこにもありません。

ぼくもフリーターの経験があるので、就職に対する不安は痛いほどわかりますが、就職すると手に入れられる収入や安定感はフリーターでは味わえません。

現代はフリーターやニートの方をサポートする就職支援サービスも充実しているので、一歩踏み出す勇気を持ち、就活に挑んでみてください。

あなたの挑戦を応援しています。

Pocket
LINEで送る

【時給1,500円以上の求人あり!】マッハバイト!年末年始の高時給バイト特集

現在、マッハバイト では以下の2つのキャンペーンを展開中!

  1. 【年末年始限定】時給1,400円〜1,500円以上の求人あり!短期バイト特集
  2. 採用されるだけで最大1万円以上のお祝い金が"最短翌日"もらえるサービス(抽選ではなく全員に)

関東圏だけではなく北海道から沖縄まで、47都道府県の年末年始バイト求人が掲載されています。

\年末年始の短期バイトは早いもの勝ち/

1,500円以上の求人あり
>>高時給バイト特集ページ

【採用されるだけで祝い金!】金欠学生におすすめの求人サイト

【最大1万円のお祝い金!】アルバイトを探すならマッハバイト!

今すぐお金が欲しい方におすすめしたい求人サイトが「マッハバイト

  1. 採用されるとお祝い金が"必ず"もらえる(最大10,000円)
  2. お祝い金は最短翌日振込
  3. 上場企業「株式会社リブセンス」がサイトを運営してるから安心!
  4. 求人案件が25万件
  5. 約3分の簡単な無料登録で応募できる

マッハバイト 」は、アルバイトに応募して採用されるだけで最大10,000円のお祝い金が貰えます。

最低でも5,000円は貰えるので、アルバイトが確定するだけで日雇いバイトの給料を"必ず"もらうことができます。

しかも、他のアルバイトサイトのように祝い金の振り込みに数ヶ月後待たされることはなく、アルバイトの採用が確定してから最短で翌日に振り込まれます。

これだけ充実した「お祝い金制度」はマッハバイトだけ!

人気の求人はすぐに埋まってしまうので、応募はお早めに。

最大1万円のお祝い金!
>>公式サイトはこちら!

 

【必ずもらえる3万円の祝い金!】アルバイトを探すなら「アルバイトEX」


アルバイトを探すならアルバイトEX から応募してみてください。

  • 求人案件は業界No.1の100万件以上
  • 採用されると3万のお祝い金が"必ず"もらえる
  • 上場企業「株式会社じげん」が運営してるから安心!
  • 約3分の簡単な無料登録で応募できる

「アルバイトEX」はアルバイトに応募して採用されるだけで、必ず3万円のお祝い金を"必ず"貰うことができます。

また、「マイナビバイト」や「an」などの大手求人サイトと提携しているため求人数は業界No.1の100万件。

アルバイトEXだけで自分好みのアルバイトを探すことができます。

人気の求人はすぐに埋まってしまうため、応募はお早めに!

3万円のお祝い金!
>>公式サイトはこちら

ABOUT ME
アバター
takarada
フリーライターとして活動中。 自身が大学生時代に長期・短期合わせ20個以上のアルバイトを経験し、ブラックな職場や上司に当たって、その大変さを思い知らされる。 今の大学生に、少しでも自分の理想と近く楽しいアルバイトと出会ってもらうためにアルバイトに関する情報の発信を2016年に開始。 これまで100人以上の大学生にインタビューし、それを元にアルバイトの体験談記事を執筆中。 公式Twitterはこちら→https://twitter.com/arunews08